ムダ毛が気になってくる年齢になると、女性はムダ毛の処理をするのがマナーの一つでもあります。

思春期ころから生え始める体毛は、自分でカミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使って処理する自己処理と、エステサロンや医療機関で処理してもらう脱毛があります。

現在、エステや医療機関で行われる脱毛ではレーザー脱毛が主流です。
黒い部分に反応するレーザーを当てることで、毛の再生指令を出すもう乳頭という細胞にダメージを与え、再生能力をなくしてしまうという方法です。

毛には周期があり、実際生えているムダ毛にしかレーザーが作用しないため、周期に合わせて何度か行う必要があります。
毛の周期はその部位によって異なりますが、大体3回から5回ほど当てるとムダ毛が減ってきたと実感できます。

レーザー脱毛のメリットは、痛みが少なく患者さんに負担がかからないことや、短い時間で広範囲の処理を行うことができるので、脚や背中など範囲の広い部分にも対応しています。さらに費用が比較的安価なので通いやすいのです。

そして、自己処理に比べて肌トラブルを起こしにくいのも特徴の一つです。
自己処理では埋もれ毛や黒ずみ、ぶつぶつなどのトラブルが起こる可能性が高いのですが、肌に負担がかかりにくいためそのような心配が少なく、むしろ黒ずみや埋もれ下が解消されることもあるのです。

レーザー脱毛はメリットが多いため、選ぶ女性が多くいます。
ムダ毛がないだけでなくつるつるの肌を手に入れられる脱毛法です。レーザー脱毛といえばエステサロンと美容クリニック、二つのうちどちらかで受けることになります。
とはいえ、このエステサロンと美容クリニック、行われているレーザー脱毛に違いはあるのでしょうか。

今回は二つの施術について料金やその内容、効果に関して比較をしていきます。まず、料金に関して、医療機関である美容クリニックはエステサロンよりもその施術料金が高くなる傾向にあります。

それはその分高い技術、脱毛マシンが使用されているからです。より安全性を重視するというのであれば、やはりエステサロンよりも美容クリニックの方がオススメということです。
ただ、予算に限りがある場合にはエステサロンの方がオススメの場合もあります。

サロンであれば店舗によって破格の料金で施術を受けることができますし、初回利用時であればさらにお得なキャンペーン、特典を活用していくことができます。
エステサロンでは美容クリニックに比べるとその脱毛マシンのパワーが弱く設定されていますが、美容サロンとの違いといえばその点だけです。

あとの美容効果、そして施術内容に関しては大きな違いはないので、多少パワーが弱くてもいいという人はより費用の安いエステサロンを利用するといいでしょう。これからレーザー脱毛の施術を受けようと思っている人は、サロン選び、クリニック選びの際にこれらの点をしっかり押さえておくといいでしょう。

もしかすると、これによってよりお得に賢い脱毛が可能になるかもしれません。レーザー脱毛とは、医療レーザーを用いた脱毛方法です。機械から射出される高出力のレーザーを脱毛したい部位に当てる事で、脱毛効果が得られます。

レーザーには暗色に反応するという性質があります。レーザーが肌に当たると、暗色である毛根の細胞を破壊します。
レーザーに破壊された毛根細胞は成長できなくなるため、その部分からは毛が生えなくなるのです。一方、よほど日焼けがひどくなければ、他の肌細胞に対してレーザーは影響を与える事はほとんどありません。そのため、レーザー脱毛は肌への刺激が少なく、ムダ毛だけを減らす事ができるという方法といえます。

1度の施術で全ての毛の細胞を破壊する事はできない事に気を付けなければなりません。人間の体毛には、生え替わりの周期があります。まだ毛の成長が始まっていない休止期に始まり、細胞が成長して毛が伸びていく成長期、細胞の成長が止まり抜け落ちる準備を始める退行期、そして毛が抜けると再び休止期に戻る、というサイクルを繰り返しています。

レーザー脱毛は成長期の毛根細胞にしか効果がありません。
そのため、確実に効果を実感するためには、複数回の施術が必要となります。レーザー脱毛による効果を最大限引き出すためには、なるべく成長期の毛根細胞が多い時期に施術を受ける事が重要です。

毛周期は2~3ヶ月程度といわれていますが、部位や個人で違いがあります。
スタッフと相談しながら、自分に合ったペースで脱毛をしましょう。効果の高い脱毛法として知られている医療レーザー脱毛にも、いくつかの注意点があります。

知っておきたいのは、医療レーザー脱毛は、日焼けをした肌には向かないということです。日焼けをしてしまうと、照射の際に誤ってヤケドをする可能性があります。ですから、医療レーザー脱毛の注意点としては、日焼けをしないということになります。

黒い色に反応する特性を持っているため、日焼けをすると肌の黒い色にも反応をしてしまいます。本来ならば、ムダ毛の生えるもとである、黒いメラニン色素に反応するものです。

しかし、皮膚が黒く日焼けした状態になると、その肌の黒い色にまで反応してしまうのです。クリニックでは、日焼けをした肌への照射は、安全面から考えても行わないものです。美容クリニックでは、最初にカウンセリングを行います。

その時に、肌が日焼けをしているようであれば、すぐに脱毛をスタートすることはできないでしょう。その前に、肌の色を元に戻すことになります。肌の色が戻ってからなら、医療レーザ脱毛でのお手入れがスタートできます。

クリニックでの脱毛が始まったら、当然ですが日焼け対策は万全に行うことです。契約の時にも、注意事項には必ず、日焼けに対しての対策をするように記載されています。また、カウンセリングを行うスタッフや医師からも、日焼けはしなうようにと説明があります。

レーザー脱毛をするようになったら、日焼け止めクリームで予防したり、帽子をかぶるなど工夫をしましょう。レーザー脱毛は現在最も主流な脱毛方法と言っても過言ではないほど人気を集めています。

レーザー脱毛はメカニズムがほぼ同じであるフラッシュ脱毛に比べて効果の出方が早いなどの特徴がありますが、唯一欠点を挙げるとするならば施術時の痛みが強いという点です。

施術時に痛みが出るのは、レーザーによって毛根に熱のダメージが伝わるためです。レーザー脱毛で使用されているレーザーは、体毛の黒い色素の原因であるメラニン色素に反応し、熱を生じさせるという作用をします。

ムダ毛を処理したい部分にレーザーを照射すると毛根に熱が生じ、毛母細胞という毛が生える原因である細胞が焼かれて破壊されます。この熱のダメージが生じる際に肌に刺激が伝わるため、一瞬ちくっとするような痛みを感じるのです。

レーザーはメラニンの量が多いほど強く作用する、つまり熱のダメージが大きくなりますので、太くてしっかりとしたムダ毛、毛が多い場合などは痛みが強くなりやすい傾向があります。

また、通常肌に存在するメラニンはレーザーが作用するほどに多くないのですが、デリケートゾーンなど皮膚の色素が濃い部分にはレーザーが反応します。
VIO脱毛が特に痛いと言われる原因はここにあります。

痛みの感じ方には個人差もあり、どの部位でも大して痛くないという人もいれば非常に苦痛に感じるという人もいます。

もし我慢できないと感じたならすぐさま看護師や医師に伝えることが、万が一の肌のトラブルを回避する要となります。

フェミークリニックで永久脱毛に挑戦しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です