ムダ毛脱毛施術として多くのサロンや医療機関で採用されているのが、レーザー脱毛です。

全身に対して行なうことができ、もちろん顔に対しても施術を行なうことが出来ます。顔のムダ毛は細く、それほど濃いとは言えませんが、処理することにより顔色を明るくすることが出来ますし、化粧ノリも良くなります。

また、男性であれば毎日のヒゲの手入れを簡単にすることが出来るというメリットがあります。しかし、顔は隠すことが出来ない場所ですので、レーザー脱毛施術を受けるのを躊躇するという人も少なくはありません。

レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを使用することにより、毛根にダメージを与えるという方法で脱毛を行います。1本1本の毛が細い顔の場合は、効果を実感することが出来るまで時間が掛かる可能性があります。

施術開始後、実際に効果を感じることが出来るまでは6回以上の施術を受ける必要があるとも言われています。レーザー脱毛には、いくつかのリスクがあります。その一つとして、火傷があります。

施術前には目立たない場所にテスト照射を行なうことにより出力を調整し、肌に負担を掛けること無く施術を受けることが出来るところが多いようです。また、万が一肌トラブルが生じた場合でも、すぐに適切や処置を受けることが出来る体制を整えているところが多いようです。

顔の脱毛施術は、時間が掛るため、無理なく通うことが出来るところを選ぶようにしましょう。レーザー脱毛は黒あるいは茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に当てることで、毛や毛根、周辺の皮膚組織に熱によるダメージを与えて脱毛する方法です。

レーザーの最高出力が高いため、初めてでも高めの熱量で施術してくれるために効果が出やすいです。脱毛効果を実感するのは、個人差がありますが1~2週間後となっています。毛には発育期、退行期、休止期という毛のライフサイクルがあり、休止期にある毛にレーザーを当てても脱毛効果は見込めません。

永久的に脱毛されるのは発育期にある毛だと言われています。毛包と呼ばれる毛を生み出す部分が、毛のライフサイクルのどの状態にあるかは毛包によって異なるために、完全に脱毛するには5~6回以上の施術が必要になります。

そのため、脱毛が完了するまでに数ヶ月から1年以上かかることもあります。人によって毛が薄かったり濃かったりしますが、レーザー脱毛の効果が見込めるのは太く黒い毛です。
さらに肌が白く、毛が黒いとレーザーの熱が毛に集中しやすいために脱毛効果も高くなります。

しかし脱毛する部分の毛が細かったり、産毛であったり、色素の薄い茶色の毛、色素のない白髪にはレーザー脱毛の効果がありません。脱毛の施術を考えるとき、医療機関でのレーザー脱毛をするか、エステサロンによるIPL脱毛やプラズマ脱毛といった光脱毛をするかという選択肢があります。

レーザー脱毛器は医療用のレーザーを使っているため、より短期間で高い脱毛効果を期待できます。

さらに医師の診察を受けることができるため、万が一トラブルがあっても医師による治療を行うことができるので、必要な薬をその場で処方してもらうことができます。

レーザー脱毛による効果として、毛の再生能力の低下があります。毛根がレーザーを吸収して熱を持ち、この熱で毛母細胞がダメージを受けます。毛母細胞は毛を成長させるものなので、これがダメージを受けると毛が再生しにくくなり、何度も処理を行うことで毛がほとんど再生しなくなります。

レーザー脱毛の効果を得るには、毛根がメラニン色素を多く含んでいる必要があります。これは毛周期の成長期のものだけになり、これに該当するのは全体の一部だけであるため、毛の入れ替わる2か月程度の間隔を空けてから再度照射を行うと脱毛効率が高くなります。

レーザー脱毛は毛の再生を抑えることを目的として利用するものですが、副次的な効果として美白作用もあります。これは、レーザーが皮膚のメラニン色素にも吸収されることで起きるものです。

レーザーが照射されたメラニン色素は焼かれてかさぶたのようになります。これが剥がれると色素が薄くなります。1回当たりの効果は高くはありませんが、脱毛が終わるまでには同じ場所に繰り返し照射を行うため、黒ずんでいた肌が白くなります。

ただし、これは副次的なものであり、色素沈着の除去が目的で処理を行うものではありません。多少であれば皮膚が黒くなっていても出力を調整して照射を行いますが、黒すぎる場合はやけどの危険性が高いため、照射しないこともあります。

また、かさぶたを無理に剥がすと逆に色素沈着を起こす原因になるので、気になっても触らずに自然に剥がれるのを待ちます。レーザー脱毛は、医療脱毛を行うのならば当然のように利用される手段です。

では、なぜこのレーザー脱毛が脱毛の処理に役立つとわかるのでしょうか。そもそも、従来までの永久脱毛の手段と言うのはレーザーに頼るのではなく電気を通した針に依存する手段でした。

この手段を利用すれば確かに体毛を効率的に処理することが出来たのですが、酷い痛みを感じてしまうことが多かったのです。直接電気を流すことによって細胞そのものを焼くことを目的としていましたので、その痛みは患者に対してダイレクトに届いていました。

そこで、このような反省点を踏まえてレーザー脱毛というものが考えられたのです。レーザーを利用した脱毛手段が非常に画期的だったのは、体毛以外の部分には大きなダメージを与えないということなのです。

なぜこのような技術が実現したのかというと、レーザーには特殊な波長が含まれているからです。レーザーは、波長を変化させると特定の色にしか熱を帯びない性質を持っています。医療脱毛の場合はこの波長を少し変えることによって体毛と同じ黒色にしか熱を発しないようにしているのです。

そのため、体毛に直接照射すればレーザーは熱エネルギーに変わって体毛を細胞から破壊することになります。一方で、黒色ではない肌のほうにはダメージは届かないため非常に効率的に体毛を処理できるのです。

近年ではレーザーよりも威力を小さくして光脱毛などの方法も登場しているため、こうした技術はさらなる進化をしています。レーザー脱毛は医療用のレーザーを用いた脱毛方式で、施術は皮膚科などの医療機関にて行われています。

現在ではフラッシュ脱毛と並んで主流な脱毛方法の一つとなっており、多くの人に利用されています。
レーザー脱毛最大のメリットは、なんといっても脱毛効果の高さです。

レーザーによる脱毛はエステで行われているフラッシュ脱毛とメカニズムの面ではほぼ同じではありますが、使用される機器の出力に差があり、レーザーの方が高出力で集中的にムダ毛を処理することができるため、脱毛効果がより優れたものとなっています。

部位や毛量の差によって違いはありますが、レーザー脱毛では約5回ほどと比較的少ない施術回数で脱毛が終了する場合が多いです。
よりスピーディーに効果を実感したいという人にとって、大変適した脱毛方法であると言うことができるでしょう。

その一方でデメリットはというと、施術時に感じる痛みが強いという点です。レーザー脱毛は高い出力で強力に脱毛できる一方、脱毛時に生じる熱のダメージの量も大きいため、肌に感じる刺激も強くなっています。

レーザーを照射した際にはムダ毛の毛根に熱が生じますので、それにより皮膚は火傷のような状態になり、ちくりとするような痛みを感じます。

メラニンというムダ毛が持つ黒い色素の量が多ければ多いほど熱のダメージも大きくなりますので、ムダ毛が太くてしっかりとしている場合は特に痛みが強くなりやすいということを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です