医療機関による医療脱毛は医療行為であり、資格を持った人が施術をします。

そこで行われるのがレーザー脱毛です。レーザーが毛根に直接照射をし、毛根細胞を破壊することで、二度と毛を生えなくさせます。毛の周期に合わせて数か月に一度、照射をします。

それを複数回繰り返すことによって、永久脱毛が可能というわけです。レーザーは濃くて太い剛毛のような毛に反応する性質がありますので、脇の部位はもっとも効果を発揮しやすい部位です。

脇は照射範囲も狭く、毛が密集しているので、照射時間も短いのですぐに施術が完了します。両脇でも数分程度です。脇は値段も手ごろなので、利用しやすいし人気があります。初心者の方はまず、脇から始めるといいでしょう。

脇のレーザー脱毛が完了すると、とても楽になります。夏はどうしても脇のあいた洋服を着る機会が増えますし、脇を見られることが多いからです。電車のつり革一つをとっても他人に見られてしまいます。

お手入れが欠かせない部位なのです。脇が綺麗だと、自分に自信が持てますし、かわいい洋服を着る楽しみが増えます。夏が来るたびに、自己処理をやっている人も多いと感じますが、剃刀負けをして肌に与えるダメージは大きいですし、埋没毛をたくさん作る原因となります。

自己処理は時間がかかる割に、効果は一過性のものなので効率が悪いからお薦めしません。すぐに短くチクチクとした毛が生えるので、効率も悪いです。レーザー脱毛ならば、医療機関に一定の期間通うだけで、一生もののお手入れ知らずの脱毛ができるのでお薦めです。

レーザー脱毛を利用しても、二度と毛が生えてこなくなるという意味での永久脱毛はできません。しかし、ほぼ再生しない状態にはできます。クリニックではレーザー脱毛で永久脱毛できるとしていますが、これは誇張しているのではありません。

永久脱毛とは、米国電気脱毛協会により、脱毛の施術が完了してから1か月経過したときの毛の再生状態が20%以下である、と定義されているので、多少であれば毛が再生しても使える言葉になります。レーザー脱毛はレーザーを毛根に吸収させ、熱を持たせて毛の再生を行う毛母細胞にダメージを与えるものですが、毛根の持つ熱はレーザーの出力、毛根に含まれるメラニン色素の含有量、毛の太さなどによって異なります。

肌の色が黒かったり、過敏であれば出力が抑えられ、成長期になる前の毛ではメラニン色素が少なくなり、産毛では毛が細くなるなど、十分に熱することができない要因があります。熱が低くなれば脱毛効果が弱くなります。

平均的には6回程度施術を繰り返すと毛の再生を抑えられますが、これ以上の回数が必要になる部位もあります。

また、毛母細胞に十分なダメージを与えられなかった場合、数年後に毛が再生してしまうこともあります。一度処理を行っているため、毛が再生しても以前と比べて目立たなくなりますが、気になるときは再度施術を受けます。

完全に毛の再生を抑えたい場合はニードル脱毛の方が効果的ですが、施術費用が高く痛みも強いので、レーザー脱毛をメインで利用するのが一般的です。レーザー脱毛は、レーザーの特性を利用した脱毛方法です。

レーザーは、特定の色に吸収されるという特性があり、レーザー脱毛は、黒や茶などの毛の色に吸収されるレーザーを毛や毛の周辺組織に照射することで、毛や毛の周辺組織にダメージを与えて脱毛することができます。

レーザー脱毛は、毛のライフサイクルを考慮しながら治療を進めていく必要があります。毛のライフサイクルの中で、成長期の毛に効果があるため、成長期が生えそろう時期を見計らって脱毛する必要があります。

わきや腕、すねなどの身体の毛の場合は、2~3カ月に1回の治療を進めていくことで、効果的な治療をすることができるため、時期を計算しながら治療をすることができます。男性のひげの脱毛をすることもでき、ひげの場合は、1ヶ月に1回程度の治療を行うことが良いとされています。

レーザー脱毛で1度に脱毛することができる毛は、表層の15~20%です。そのため、1回だけの治療では、効果がわかりづらいです。3回ほどの治療で、効果を実感することができ、15回程度の治療で、ほぼ毛がなくなります。

レーザー脱毛は、医療行為に当たるため、医師だけが治療を行うことができます。そのため、全国の皮膚科や美容外科などのクリニックのみですることができます。エステティックサロンで行うことができるものは、機械の出力をだいぶ下げた光脱毛であり、脱毛効率が、かなり下がるため、施術の前に調べておく必要があります。

レーザー脱毛を行う上でも体毛の事を知る事は役立ちます。ここではその中でも特に知っておいた方が良い体毛の毛周期について説明をします。

我々の身体から生えている体毛というのは一度伸び始めたらずっと伸び続けているわけでは無く、成長が停止してやがて抜け落ち、抜け落ちた後はしばらく休んでから再び生えてきています。この繰り返しの事を毛周期と言います。

毛周期は三つに区切る事が出来、毛が活発に成長している期間の事を成長期、成長が止まってから抜け落ちるまでの期間の事を退行期、そして抜け落ちてからしばらく休んで再び生え始めるまでの期間の事を休止期と言います。体毛と一言で言っても色々な部分の毛があり、その毛によっても毛が伸びるスピードが異なるだけではなく、毛周期の期間の長さも違ってきます。

例えば、髪の毛は大体4か月が毛周期となりますが、眉毛の場合は2ヶ月となっています。何故、毛周期がレーザー脱毛を行う上でも知っておいた方が良いのかというと、レーザー脱毛で脱毛効果があるのはその時に成長期にある毛に対してのみだからです。

体毛には成長期の毛もあれば、退行期や休止期の毛もあり、一度の脱毛だけでは絶対に終わらないです。そして、再びレーザー脱毛を行うまでの期間は、毛周期を考えてしばらく間を空ける必要があるのです。

大体2ヶ月程度、間を空けることになりますが、いくら焦って期間を短くして脱毛しようとしても意味が無いのです。そのために、レーザー脱毛をする場合には時間がかかるという事を理解しておくと良いです。脱毛にはワックス、光脱毛などの種類がありますが、レーザーを使用して脱毛ができるのは医療機関だけになります。レーザー脱毛は医療行為になるためエステサロンなどで行うことはできず、機器を使用するのは違法行為となります。

医師や看護師がいないにもかかわらずレーザー脱毛を行っているような施設は、避けなければなりません。レーザー脱毛はメラニン色素の黒い色に反応して吸収され熱エネルギーとなり黒い色の毛が生えている毛根を破壊することによって毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

もともとはシミやホクロなどの治療にレーザーを使用していたところ、レーザーをあてたところの毛が生えてこなくなったという副作用から開発されました。エステで行われている光脱毛も同じ原理で脱毛していますが、医療機関のレーザー脱毛と異なるのは効果の高さです。

エステのものは毛根を破壊するほどの力を出せないため除毛、発毛を遅らせるという効果になり生えてこないようにするためには何度も照射が必要になりますが、医療機関のものは一度で完全に破壊することができます。

毛周期によって毛が休止している毛穴には効果が及ばないので、休止期のものが生えてきた状態に照射が必要になるため一度ですべての脱毛を完了することはできませんが、一度破壊された毛穴からは生えてこないようになるので毛量の変化はすぐに感じることができエステよりも短期間で脱毛を完了することができます。

href=”https://www.femmy-ikebukuro.com/”>フェミークリニックの脱毛で夢がかないます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です