脱毛サロン、美容クリニックでよく行われていている光脱毛とレーザー脱毛、一体この二つの脱毛方法はどこがどう違うものなのでしょうか。

実はこの二つ、その脱毛施術の原理はほぼ同じなのです。というのもこの光脱毛と、レーザー脱毛、施術の内容としてはどちらも、ムダ毛を処理していきたい部位に光、もしくはレーザーをあてていくというものです。

ただ光を当てていくだけで着実にムダ毛を処理していくことができるということで、より簡単な脱毛が可能になってくるのです。ムダ毛に含まれるメラニン色素、この成分にだけ反応する光、レーザーを使用しているため、肌への負担を最低限に抑えていくことができます。

もちろん、その出力パワーに関してはそれぞれで違いが出てくるものなのですが、やはり脱毛サロンで行われている光脱毛、レーザー脱毛であれば比較的そのパワーは弱く、より肌への負担が少ないとされるでしょう。美容クリニックの場合、医療機関ということもあって、多少その出力パワーは強く設定される傾向にあります。

もちろん、利用者の肌質、毛質によってそのパワーの調節はされることになるのですが、より確実に、そして本格的なレーザー脱毛をうけていきたいというのであれば美容クリニックの施術を受けていくようにすることをおすすめします。

もし、これからレーザー脱毛、光脱毛に挑戦するという人がいる場合にはこれらの点を踏まえた上で、利用するサロン、クリニックを選んでいくようにするといいでしょう。レーザー脱毛を行う場合は体毛には毛周期があるために、その毛周期に合わせて何度か通う必要があります。

それでは何回程度通えば良いのかというと、それは体毛は個人差があるために、これだけ通えば完了するという決まった回数は残念ながら無いです。ただ、平均的には大体6回程度、レーザー脱毛で処理をすれば満足できている人が多いです。

1回の施術を行うと、大体次は2か月後に通う事になるので、大雑把に考えると大体1年程度通えば満足できるという事です。1年というと長く感じるかもしれないですが、これについてはもう集金に合わせなければならない以上、短くする事は出来ないです。

また、1年でもエステと比べれば短い方であり、エステの場合はさらに多く通わなければ十分な効果が得られない人が多いです。大抵はレーザー脱毛を行う際には、何回コースで契約を結ぶのかを決める事になりますが、6回コースが用意されている事が多いので、料金を考える場合にはそれを目安にすると良いです。

コース契約よりも都度払いの方が無駄になる事が無いというメリットがありますが、どこの病院でも都度払いに対応しているわけでは無く、都度払いとコース契約の両方に対応している場合は、コース契約の方が割引されているという事が多いです。

料金に関しては病院によってもバラバラなので、一つの病院だけ調べるのではなく、いくつか比較して調べてみた方が良いです。その時には、単に値段だけをチェックするのではなく、内容や口コミ情報なども並行してチェックしてみる事をおススメします。

レーザー脱毛で脱毛施術を受けた後には脱毛処理を行った部分が赤くなったり、腫れたり、かゆみや痛みなどが起こることがあります。これらの症状は一時的なもので1週間ほどたつと改善します。

肌トラブルを起こしたり、改善が遅くなってしまわないためにも施術後1週間ほどはいくつか注意しなくてはいけないことがあります。どのようなことかと言うと、レーザー脱毛を行った当日はシャワーを浴びることができますが、石けんやボディーソープの使用は構いませんがタオルやスポンジなどでこすったりしてはいけません。また入浴は翌日から行うようにしましょう。

レーザー脱毛を受けた日には皮膚の内側に熱がこもった状態になっています。そのため入浴して身体を温めてしまうと、皮膚にはあまり良い影響を与えません。ワキの脱毛処理を行った場合には1週間ほどは制汗剤の使用を控えるようにしましょう。

脱毛後の日焼けは炎症性色素沈着を引き起こしてしまうことがあります。そうならないようにするためにも、日焼け止めクリームなどを使って日焼けを防ぐようにしましょう。脱毛直後は皮膚を傷めやすい時期ですから、ジーンズなどの硬い生地のものをを着用すると皮膚を傷つけてしまうことがあります。できるだけ柔らかい生地のものを選んで着衣するようにしましょう。

冬場の場合には乾燥しやすくなりますから、肌を乾燥から守るためにも保湿効果のあるクリームなどを使って保湿を心がけるようにしましょう。またレーサー脱毛当日は激しいスポーツや飲酒、刺激物をとると血行が良くなって毛穴が広がってしまい、トラブルを起こすことがありますので、できるだけ控えるようにしましょう。

女性にとって身体に生えてくるムダ毛や、顔の産毛などはとても気になるものです。
自分で処理をすると、上手に処理できずに剃り残しやムラができてしまったり、肌トラブルが起こって後々まで肌に残ってしまうことがあるのです。肌に負担をかけたり、刺激を与え続けることは肌にも良くないのです。

そこで、エステサロンなどで行われている機械を使った脱毛をするのが良いのです。

現在主流となっている脱毛法は、レーザー脱毛です。毛の再生指令を出す毛乳頭と言う細胞があり、毛乳頭にダメージを与えることでムダ毛が生えてこないようにする方法です。

毛が生えている部分にしか反応しないので、毛の周期に合わせて何度かレーザーを当てることで徐々に毛の量が少なくなっていくのを実感できます。レーザー脱毛は光を当てるだけで、痛みは少しだけしかないので患者さんにも負担がかかりません。

また、広い範囲の脱毛を短時間で行えるので、背中や脚などもすぐに処理をすることができます。

肌トラブルが起こりにくいのも特徴の一つです。さらに、レーザーは黒い部分に反応するので、自己処理で出来てしまった肌の黒ずみや色素沈着が改善することもあり、美肌効果も期待できるのです。レーザー脱毛が主流になったのは、メリットが多くあるからです。

痛みが少なく、短時間で処理が終わるので費用も比較的安価で済み、さらに安全性が高いので、自己処理をするよりきれいにムダ毛の処理ができるのです。

せっかく毛がなくなっても肌がきれいでなければ意味がありません。レーザー脱毛はムダ毛をなくしながらきれいな肌を作ってくれるのです。
レーザー脱毛を受けるために、せっせとエステ代を貯めたり、お店の情報を集めてる人もいるかもしれませんが、ここで一つ注意しなければなりません。

それは、エステサロンではレーザー脱毛が受けられないということです。これについては衝撃を受ける人もいるかもしれませんが、本当のことです。エステサロンでは本当に、レーザー脱毛を受けることはできません。

じゃあ光脱毛は何なのかとおっしゃるかもしれませんが、光脱毛は光脱毛であり、性質的にレーザーとはまったく別物です。光脱毛はフラッシュ脱毛と呼ばれ、レーザーのように単一の光ではなく、複数の光を使って弱い力で照射して脱毛するものです。

レーザーのように強い刺激を与えることはできず、無論、これで永久脱毛することなどはできません。このようなわけで、現在のところは、エステサロンでレーザー脱毛を受けることができませんでは、なぜエステサロンではレーザーが受けられないかについて説明しましょう。

それは実に簡単な理屈で、レーザーを使って脱毛処理することは、明確な医療行為にあたるからです。なぜ医療行為にあたるかといえば、レーザー脱毛は毛根に強い熱を与えて細胞を破壊してしまうからです。こうした医療行為は、医師免許をもった医者がいるところでなければ行うことはできません。

そして、エステサロンにはもちろん医者はいないので、医療行為ができな、つまりレーザー照射ができないというわけです。
早い話、永久脱毛は医療機関でなければできないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です