メラニン色素に吸収されるレーザーを照射して行う脱毛がレーザー脱毛です。

クリニックで利用できますが、脱毛サロンでは利用できません。レーザーは毛根に吸収されて熱を持ち、これが伝わって毛母細胞が破壊されますが、皮膚でも多少はレーザーが吸収されます。出力が高すぎるとやけどなどの肌トラブルが起きる危険性があります。

クリニックであれば医師がいるのですぐ治療できますが、脱毛サロンは治療ができないため、レーザー脱毛を行えません。脱毛サロンでは出力の低い光で同じように脱毛できますが、効果は低くなります。

クリニックでは麻酔クリームが使えるのでレーザーの照射による痛みを軽減できますが、多少の痛みは感じます。日焼けやホクロなどの色素沈着があるとレーザーの吸収量が上がるため、痛みも強くなります。

日焼けの直後で皮膚が炎症を起こしているとトラブルが起きる危険性が高いため、施術を断られます。施術直後は皮膚が弱くなっているので、日焼けするとシミができる原因になります。そのため、レーザー脱毛の開始前から、脱毛が完了してしばらく経つまでは紫外線対策が必要です。

レーザー脱毛は一回で完了するものではなく、繰り返し施術を受けますが、同じ部位に再照射するまで2、3か月の間を空けます。レーザーはメラニン色素を多く含んでいる成長期の毛根に吸収されます。これは皮膚の表面に生えている毛だけであり、全体の一部でしかありません。

すぐに再照射しても同じ毛に対して照射することになるため、脱毛完了までの期間が短くなることはありません。医療機関では、レーザー脱毛を行っているところがあります。美容クリニックに行くと施術してもらえるでしょう。

永久脱毛にもなると言うこともあって、美容クリニックで脱毛する女性が増えています。いったい、どのような脱毛をしているのでしょうか。レーザー脱毛は、文字通りレーザーを使って脱毛していきます。

脱毛したい部分にレーザーを照射するのです。レーザーを照射した部分がどうなっているかというと、レーザーの光は皮膚には反応しないで、ムダ毛にだけ反応します。実は、黒い色にだけ反応する光なのです。

だから、レーザーを照射しても皮膚に痛みを感じることはありません。ただし、日に焼けて肌が黒くなっているとやけどする恐れがあるので肌の色が落ち着いてから施術しましょう。ほくろやシミなどは避けて照射しています。

医療機関でしかレーザーは使えません。しかも、医療レーザーともなれば、その威力は大きいです。効果が出るけれど、痛みをあまり感じなくて済みます。多少ゴムなどではじかれたような痛みを感じることがあるようです。

レーザー脱毛は、生理期間中の施術は断られるのでキャンセルして予定を振替やすい美容クリニックで施術したほうがいいでしょう。生理中に施術しても肌がとてもデリケートな状態なので痛みを感じてしまいます。また、あまり効果も出ません。体調が万全であるかどうかも脱毛の大事なポイントです。生理期間中をはずして美容クリニックへ行きましょう。

女性の関心が高い脱毛ケア、エステサロンで美容脱毛を受けるのか、美容系のクリニックで医療脱毛を受けるのか、判断に迷ってしまう女性も多く、それぞれにメリット、デメリットがあるので、様々な角度からしっかりと検証し、自分に合った場所で受け、満足のいく仕上がりを手にしたいものです。

エステ脱毛のメリットといえば、安い、早い、痛くないですが、その反面、お手入れの頻度が多い、効果が低いがデメリットだといわれており、特に毛深い女性や剛毛の女性は、あまり期待したほど綺麗には処理出来ないといわれています。

一方、クリニックで行う医療レーザー脱毛は、たった数回程度のお手入れで、永久脱毛という素晴らしい効果は出るものの、エステ脱毛に比べると高い、そして強い痛みを伴うといわれており、施術料金よりもこの痛みがネックとなって二の足を踏んでいる女性も多く、チャレンジしたくてもできないという声も多いものです。しかし医療レーザー脱毛も近年ではかなり進化しており、最新レーザー機器は照射スピードもかなりアップしており、痛みも緩和されているようです。

施術時間が格段に短縮できるようになっているので、その分施術料金に反映されるようになっており、医療レーザー脱毛もずいぶんと値段が下がってきています。また、あまり知られてはいないことですが、医療脱毛は病院で医師が行う脱毛ケアなので、医薬品が使えるというメリットがあり、痛みに関しては塗る麻酔薬などが使えるので、心配な場合は相談して見ると良いでしょう。

日本では、一般的な病気や怪我をした時の診療では健康保険が適用されるために、医療費の自己負担は全体の一部のみになります。そのために、医療行為であるレーザー脱毛も保険が適用されるのではないかと考える人もいます。しかし、レーザー脱毛の場合は健康保険の適用対象とはならないです。健康保険が適用されるのは、病気や怪我をして健康にかかわる場合であり、それも保険が適用される条件で治療を行う事が条件となっていて、病院で診察してもらった場合に何でも保険が適用される訳では無いです。

しかも、一般的な脱毛の場合は美容目的であり美容目的での診療は自由診療となります。ただ、多毛症と呼ばれる病気の場合は健康保険が適用される可能性もあります。
多毛症というのは女性であるにもかかわらず、一般的には男性にしか生えないと言われているような場所で体毛が生えてくる病気です。

この病気は男性ホルモンがかかわっていると言われており、遺伝や体質などの様々な原因で発症すると考えられていますが、ホルモンの異常の場合には薬剤投与による治療を行う場合もあります。

薬剤投与で治らない場合には、レーザー脱毛による治療も考えられますが、この時に保険が適用される可能性があります。実際にそのような例は知られてはおらず、現実的にはレーザー脱毛で保険が適用される事は無いと考えても問題はないです。

脱毛費用が高いと感じる場合は、探せばかなり安く施術してくれる病院もあるので、そうした病院を探すのが良いです。

女性は、身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、このお手入れは、いろいろあるケアの中でも最も手間がかかるもので、ただ単に体毛がなくなれば良いというものでもなく、近くで見られても恥ずかしくないような美しい肌に仕上げなければ意味がないので、処理方法の選択も大切ならば、処理前のお肌の保護ケア、そして処理後の保湿ケアもきちんと行わなければ、逆に大切な素肌を傷つけてしまうことにもつながりかねません。

その為にも、脱毛ケアはプロの手に委ねるのが最適で、お肌へのダメージを最小に押さえながら、美しく仕上げてもらえます。

また、お肌への安全性を第一に重視するならば、皮膚科医の行う医療レーザー脱毛がベストな選択で、一人一人の肌質をしっかりと考慮したうえで、医師が最適な毛周期のタイミングを見極め、安全でかつ高い脱毛効果が出る出力をコントロールしながら照射を行うので、やけどのような肌トラブルを起こすことなく、毛母細胞を破壊させることができます。

これがエステ脱毛と医療レーザー脱毛の効果の違いで、エステ脱毛ではある程度ムダ毛が目立ちにくくなっても、その状態を維持させたいのであれば、定期的なメンテナンスは必要になりますが、医療レーザー脱毛を受けた後はもう二度とムダ毛が生えてこなくなるので、永久的にムダ毛処理からさよならできるわけです。

こういった効果が、どんなに弱い肌質の方でも安全に得られるので、脱毛ケアは医療脱毛が最もお勧めといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です