レーザー脱毛は医療行為です。

脱毛に使用するレーザーは海外からの輸入が殆どで、海外で使用されている医療機器や薬を治療に使うには医師免許が必要になります。レーザー脱毛をうけるにはクリニックなどの医療機関を選択し、エステサロンなどではレーザー脱毛は行なうことができません。

レーザー脱毛のレーザーの光は、皮膚表面から3~4ミリ程度の毛包に達する程度の深さまでしか届きません。そのため、血管や内臓などに影響を与えることはなく、赤外線に近いもので紫外線ではないため、皮膚ガンになる心配もありません。

クリニックなど医療機関での主流の脱毛は、レーザーを使用した脱毛ですが、エステサロンなどでは光脱毛を主流に施術をしています。光脱毛との違いは照射する波長が異なることです。

レーザーは単一の波長で集中的に熱を集めて施術しますが、光は複数の波長を含んだ光で広範囲に照射して施術をします。レーザーは照射の威力が強いため専門医のみが使用できますが、光は出力を一定にしているため、誰でも安全に扱うことができます。

レーザーでの脱毛は永久脱毛といえますが、光脱毛は不再生脱毛になります。レーザーでの脱毛は痛みを感じることはありますが、クリニックなので麻酔クリームを事前に塗ることが可能で痛みを軽減することが可能です。毛周期に併せて脱毛を繰り返し、施術は5~6回程度で終了することが殆どで、通う回数が光脱毛と比較すると少なくてすみます。

アフターケアを医師に相談できるメリットもあり、脱毛効果も高いのがレーザー脱毛です。今ではエステのフラッシュ脱毛と並んで、人気を二分するようになったレーザー脱毛ですが、その歴史は意外と新しく、日本で実用化されたのは1990年代のことです。その前は、ニードル脱毛が主流でした。

しかしこのニードル脱毛は、効果はあるのですが痛みが強く、また料金も高めでした。レーザー脱毛は元々、あざやシミ、ほくろを取るためのレーザー治療を応用したものです。

これは、レーザーが黒っぽい色に反応する性質を利用したもので、そのため濃い色の体毛には大変効果があります。そのため、常に脱毛したい部位のトップに上げられるわきの下、あるいはVIOゾーンのような部位の脱毛にはお勧めです。料金はクリニックによって多少の違いがありますが、一般に保険が適用されないため、両わき下で3万円から5万円程度で、VIOゾーンの場合は7万から8万ほどです。

もちろん、最新機器で脱毛をしてくれるクリニックの場合は、もう少し高額になりますが、その代わり脱毛効果が非常に高いです。また、レーザー脱毛の場合は、皮膚へのダメージが気になるという人もいます。

確かに脱毛処理中には、軽い痛みを覚える人は多いのですが、それが我慢できないような場合には、スタッフに早めに伝えるようにしましょう。もしダメージが出てしまった場合は、クリニックで塗り薬や飲み薬を処方してくれます。

また帰宅してから痛みが出た場合は、その部分を痛みが治まるまで冷やし、その後できるだけ早く、クリニックに行って指示を仰ぐようにしてください。いろいろな脱毛方法があります。

自分では処理する場合は、毛抜きで抜いたり、家庭用脱毛器を使ってムダ毛を抜いている人が多いでしょう。ただ、自分で行うと痛みが強くなることがあります。最近は、家庭用脱毛器でもレーザー脱毛できる機械が登場しています。これを使えばそれほど痛みを感じなくて済むでしょう。

今では痛みのない脱毛ができることもあって、レーザー脱毛が大人気です。やはり、痛みがあるとその方法を避けてしまいます。いくら見た目が良くなるとは言え、痛みには耐えられないこともあります。

そんな女性にとって救世主と言っても良いのかもしれません。医療機関では、医療レーザーを使って施術してもらえます。医療レーザー脱毛の場合は、永久脱毛できるのでとても人気があるのです。一定回数施術してしまえば、ムダ毛の再生率が劇的に低下します。

途中でやめてしまうとムダ毛の再生率があまり低下しないので、またムダ毛が生えてしまう可能性が高いです。基本的に、痛みはあまりありませんが、生理中の場合は強い痛みがあると言われており、医療機関では施術を断っています。

だから、予約を入れる時には、生理が来ない日を選んでおかなくてはなりません。キャンセルして他の日に振り替えられれば良いのですが、人気の医療機関の場合はなかなか予約が入れられなくなります。

生理中ではなく、体調が万全な時ならば、痛みがあまりなく、効果も期待できるので、利用者が拡大しています。美容に気を使う女性にとって、むだ毛の処理が大きな悩みのひとつになっています。

カミソリや毛抜きなどでむだ毛の処理をすると、肌を傷める危険もありますし、肌が黒ずんだり、肌荒れを起こす原因にもなります。肌を傷めずに安全にむだ毛を処理するには、レーザー脱毛を行うといいでしょう。

レーザー脱毛は黒色に反応するレーザーを肌に照射し、毛根にダメージを与えることで、むだ毛を生えなくしていきます。一昔前までは、費用が高いことや、痛みが強いこともあり、利用者は少なかったのですが、近年では、医療クリニックだけでなく、エステサロンでも低価格化が進んだことから、お金に余裕にない学生でも気軽に施術することができるようになりました。

手足など目立つ部位だけでなく、ワキやアンダーヘアなども脱毛することができるので、一度に全身脱毛を行う女性も増えてきているようです。施術の痛みも少なくなっていますし、レーザー脱毛を行うことで、毛穴が引き締まり目立たなくなる効果もあるため、肌がきれいになることも魅力になっているのでしょう。

むだ毛は、成長期・休止期・退行期のヘアサイクルを繰り返して生えてくるため、レーザー脱毛は、ヘアサイクルに合わせて2~3ヶ月の期間をあけながら、定期的に施術をしていきます。

一回で効果が出るものではなく、永久脱毛のような効果を得るには、2年程度の期間がかかるといわれていますので、むだ毛が気になり始めたら、早めにレーザー脱毛を行うことが大切です。

エステサロンで行われてる美容脱毛とは違って、高い脱毛効果が期待できるといわれている医療レーザー脱毛、美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関でしか取り扱われていませんが、医師が行う脱毛ケアなので、効果だけではなく、安全性も非常に高く、美意識の高い女性なら必ず医療脱毛を選択するといわれています。しかしこれほどまでの素晴らしい医療レーザー脱毛も、デメリットがあり、お手入れを受けることに躊躇してしまっている女性が多いことも事実です。

そのデメリットというと、レーザー機器を用いて行う脱毛ケアゆえの強い痛みで、痛みに対して不安を抱く女性は、高い効果が出ることには惹かれるものの、どうしても怖くてチャレンジできないという声も多いものです。

しかし、近年では医療レーザー脱毛も進化しており、最新レーザー機器はかなり改良されており、心配な痛みも軽減されているようです。照射スピードが格段にアップしているので、お肌に当てる時間が短くなっており、その分痛みを感じるのも一瞬なのでそれほど心配はいらないといわれています。

しかし、それでもどうしても痛みに弱く、苦手意識を持っている女性も多いので、そういった方は、ぜひ医師に相談して、麻酔を使ってもらうことをお勧めします。

病院で医師が行う脱毛ケアゆえの最大のメリットは、このように医薬品が処方してもらえるという点で、麻酔だけではなく、施術後のお肌の赤みなどのトラブルも、塗り薬や飲み薬を処方してもらえるので、肌トラブルが深刻化してしまうことを避けられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です