レーザー脱毛をしたいけど、肌にダメージが出そうでためらっている人はいないでしょうか。

確かにレーザーの場合は、施術中に軽い痛みを覚えるケースは多いです。ちょうど、輪ゴムでぴんと弾かれるような痛みです。しかしその代わり、脱毛効果はエステよりもはるかに高いです。もしレーザー脱毛中に強い痛みを覚えた場合は、施術をしてくれているスタッフに言って、出力を止めるか弱めてもらうようにしましょう。

もしダメージが出たり、特に軽いやけど症状になったりしても、クリニックでの施術ですので、ちゃんと薬を処方してくれます。では、もし家に帰ってから痛み始めたとか、水ぶくれが出て来たといったような場合には、どのようにすればいいのでしょうか。

この時はまず、痛む箇所を氷嚢とか冷却シートなどで冷やすようにしてください。痛みが無くなるまで、そのまま冷やし続けるようにしましょう。その後、できるだけ早く、レーザー脱毛を行っているクリニックに連絡をするようにしましょう。

痛みは決して我慢してはいけません。そのままにしておくと細菌に感染しやすくなり、毛嚢炎という皮膚病になることもあります。また、肌があまり強くない人でレーザー脱毛をしたい場合は、事前のカウンセリングできちんとそのことを伝えておきましょう。

最初は出力を弱めにして、徐々に様子を見ながら強くするという方法を採ってくれます。また肌が弱い、あるいはアトピーがある場合でも、特別にダメージが出たり、あるいは皮膚が荒れたりしていないのであれば、レーザー脱毛をしても特に問題はありません。

エステや脱毛専用サロンでもレーザーを使い脱毛を行いますが、病院やクリニックと異なり、出力の高いものは使うことができません。ですので、医療機関で行う医療レーザー脱毛と比べて効果はかなり劣りますがその分肌への刺激が穏やかだともいえます。医療機関では、医療用のレーザーを使い、毛母細胞をダイレクトに破壊するので二度とムダ毛が生えてくることはありませんし、効果の割には痛みが少ないのが特徴です。

心配の痛みは輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みだとよく例えられているので、十分に我慢ができる範囲だといえます。しかし痛みの感じ方には個人差があり、痛みに弱くてどうしても我慢ができない方には、笑気麻酔や麻酔クリームが用意されているので医師に相談すると良いですね。

安全性が高く、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛ですが、施術を受けた人がごく稀に火傷や赤みなどの症状を訴えることがあります。患部をよく冷やし清潔に保っていれば、2,3日もすれば次第に治ってきますが、もし症状が改善されない場合は、施術を受けた病院で治療を受けて下さい。

医療レーザー脱毛を受けておくと、医師による治療が受けられ抗炎症剤が処方されるのでたいへん安心です。エステや脱毛サロンと比べると、医師が常駐しているといったところが非常に安心して施術を受けられる大きなポイントです。

高い脱毛効果と医師が常駐している安全性を考えると、医療機関で医療レーザー脱毛を受ける方が断然おすすめです。近年、脱毛ブームは男性にまで広がっており、男性もエステサロンで脱毛ケアを受けることが当たり前になりつつあるようです。

諸外国では体に生える体毛まで綺麗に処理をするのが一般的ですが、日本においても遅ればせながら、そういった感覚を持つ方が徐々に増えて来ているのでしょう。そこまで美意識が高くなくても、やはり男性に取ってひげ剃りは、切っては切れないお手入れで、身だしなみとしても思春期頃から行っている方がほとんどです。ごく当たり前に見えるこのひげ剃りも、女性同様に様々なトラブルを起こしてしまうもので、毎朝のひげ剃りに強いストレスを感じている男性も少なくありません。

そういった方たちに取って、ひげ剃りから解放される脱毛ケアは夢のような美容ケアで、ぜひ挑戦して見たいと考える方が多いこともうなずけます。しかし、エステサロンでのひげ脱毛に、不満を抱いている方も多く、思ったほど効果が出なかったという意見も多いようです。

そこでお勧めの脱毛ケアが、美容系のクリニックで行われている医療レーザー脱毛で、硬く太い男性のひげでも、医療レーザー脱毛なら完璧に処理しきることが出来ます。エステサロンのように、何度もお手入れに通わなければならないという面倒さもなく、医療レーザー脱毛であれば、数回お手入れを受ければ、永久に生えてこないようにすることができます。

ひげ剃りからこの先ずっと解放されるということは、朝の身支度も楽になり、ひげ剃りグッズを買うこともなくなりかなりの節約にもなります。レーザー脱毛を行ったときの副作用として、毛嚢炎があります。

これはカミソリや毛抜きなどの自己処理でも起きるものですが、毛穴に細菌が入って炎症になった状態です。脱毛の施術を行ったことで皮膚が弱くなることが原因の場合もありますが、皮膚を引っ掻いたことが原因になることが多いです。

レーザー脱毛を行った後は軽い火傷のようになるため、ヒリヒリした痛みや痒みを感じますが、爪で掻かないようにします。症状が軽い場合はそのままにしていても自然に治りますが、症状が酷かったり、数が多い場合には薬を処方してもらいます。

レーザー脱毛では毛が太くなってしまう硬毛化という現象が起きることがあります。これはどの毛でも起きるのではなく、産毛の処理を行ったときに起きます。レーザー脱毛はレーザーを毛根に吸収させて発熱させますが、産毛はメラニン色素が薄く、毛も細いのでレーザーの吸収量が少なくなり、発熱しにくいです。

この不十分な熱が毛母細胞に伝わることで活性化してしまい、毛が太くなると考えられています。施術を継続していれば硬毛化した毛も再生しなくなりますが、改善しない場合はニードル脱毛で処理を行います。レーザー脱毛でわき毛の処理をした後にわき汗の臭いが強くなるケースがあります。

本来であればわき毛が減り、わきの手入れをしやすくなるので臭いが抑えられるものですが、毛が抜けた後の毛穴に皮脂などが詰まることで悪臭の元になります。これは皮膚科に行けば詰まりを絞り出してもらえます。

レーザー脱毛は非常にメジャーな方法となっており、一般のエステサロンで提供される脱毛方法はほとんどがこのやり方になっています。麻酔などを使わなくても強い痛みを感じる事なく簡単にできてしまうような手軽な方法です。

永久脱毛を行うためにはサロンに間隔を空けて数回通う必要がありますが数ヵ月で完了してしまいますし、最初の1回目である程度は毛根の働きが弱まっていますからほとんど生えない状態にはなっています。

その為、夏になる直前にムダ毛に気付いたとしても間に合わせる事が出来るでしょう。しかしレーザー脱毛が簡単に出来るからといって、その後のケアを怠ってしまうと皮膚が炎症をおこしたりしてきれいな状態を保てなくなってしまいますから注意が必要です。まずどのような部分でも温めてケアする事が多いものですが、レーザー脱毛後の肌は温めるのではなく冷やさなければなりません。

温めるとその部分に血行が集中してしまい赤みを出してしまう可能性があります。サロンでは施術後に冷やしてくれますが、自宅に帰ってから熱いお風呂に入ったりしてしまうと意味がありません。

当日はシャワーだけで済ませるなど工夫が必要となります。
サロンでは基本的に必要な処置は予め行ってくれますから、当日に自宅でしなければならないケアはそんなにありません。

しかし数日後に患部が乾燥したり、逆にべたついてしまったりして不衛生な状態となれば皮膚にトラブルを起こす可能性もありますから衛生管理はしっかりしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です