ムダ毛をなくしたい思った時に安全に確実に行うためにはエステサロンや医療機関を利用することが確実です。

その方法にはいくつかの種類があります。金額や体への影響に違いがあるため、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。条件としては施術にかかる料金です。装置の値段や手間などによって費用が変わってきます。

また、永久的なものか一時的なものかの違いもあります。そして最も重要なのは痛みの強さです。脱毛をするためには痛みが伴います。その違いは大きなものがあり、それに耐えられるかどうかは本人にとって大きな問題です。

ムダ毛の処理を行うことができるのはエステサロンと医療機関があります。専門的な医療機器を使う必要があるものについては医療機関でしか受けることができません、ただし、脱毛に保険が適用されることはありません。

全てが自由診療となります。医療機関の手間やコストがそのまま施術の料金に影響することになります。安いものが必ず悪いということではありせんが、効果が薄くなんども施術しないといけない脱毛方法もあります。

一度の脱毛は安価であっても複数回行うことで高額になることもあります。それぞれの施術の特徴を確認して、自分にあった方法を選択します。途中で他の方法に切り替えることは可能ですが、できればそのようなことがないようにしっかりと検討すべきです。光脱毛は光の力を利用して行います。

光はカメラのフラッシュのように瞬間的に照射することによって毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えていきます。光は黒い部分にのみ反応するため皮膚などには影響を与えず、ムダ毛の毛乳頭や毛母細胞にのみ作用するため、肌を傷めることなく脱毛を行うことができます。

毛根組織はそのままにダメージを与えることがないため、しばらくしたらまた毛が生えてきます。ただし、以前よりも薄いものに変わっていきます。光は黒いものに反応するためほくろのあるところには照射することができません。

また、ムダ毛が薄く、色が黒くない時にはあまり効果がないと言うデメリットがあります。光自体のエネルギーが低いため痛みはほとんどありません。また照射時間も一瞬で終わるので施術時間も短く済ませることができます。肌などに痛みがほとんどないので広範囲を一度に行なっても問題ありません。

光脱毛を行なった後に肌が乾燥することを防ぐためにミストシャワーやトリートメントを使って保湿を行うサービスもあります。機構自体が簡単なため施術料金もそれほど高くなりません。痛みを受けるのが嫌で低価格のものを望む方にはおすすめな脱毛方法です。

エステサロンで受けることはできませんが、医療機関でならレーザーの脱毛を受けることができます。ある特定の波長のレーザーを照射することで黒いメラニン色素にのみ影響して熱が発生し、毛根を破壊します。

毛根がダメージを受けることで発毛のサイクルが壊れてしまうため、そこからムダ毛が永久的に生えてこなくなります。レーザーは毛根を破壊するほどの高エネルギーですが、黒いものにしか反応しません。

そのため肌を傷めるようなことはありません。一度に広範囲の脱毛ができることも特徴の一つです。照射することで毛根が熱影響で焼けて破壊されます。その時に火傷したような痛みを感じることもあります。

作用としては光脱毛と同じなため、黒い色素があるほくろの近くの脱毛を行うことができません。また黒くないムダ毛には効果がないというデメリットがあります。レーザーはエネルギーが強いので完全に毛根を破壊するため、再度毛が生えることがありません。効果が持続するため永久的に脱毛することができます。

そのためムダ毛を処理する時間を短縮することができます。装置が高額であることから光脱毛よりも高額になる傾向があります。なんども脱毛に行くことが面倒で時間がない人にはおすすめな方法です。レーザー脱毛に使われるレーザーにはいろいろな種類があります。

それぞれのレーザーには特徴があり、単純に比較することはできませんが、その違いは利用されるレーザー光源の種類によって異なります。それぞれのレーザーは照射する波長の違いよってその効果が変わってきます。

レーザーによってムダ毛を処理する時にはそれらの特徴を知っておいた方が施術後にトラブルを受けなくて済みます。一つ目はダイオードレーザーです。最も一般的なレーザー光源で広範囲に照射できるので短時間で脱毛することが可能です。

アレキサンドライトレーザーは皮膚を冷却しながら照射します、そのため照射時の痛みを軽減することができます。ロングパルスヤグレーザーは照射される波長が深いところまで到達するためVラインの脱毛に向いています。

YAGレーザーはメラニン色素に反応しないため日焼けした肌に使うこともできます。男性のヒゲの濃い人にもおすすめです。ライトシェア・デュエットは痛みが少ないことが特徴です。照射前に吸引によって皮膚を伸ばしてからおこなうため、毛のメラニン色素を選択して照射することができます。

照射の範囲が広いので短時間で施術を終わらせることができます。電気の針を使って行う脱毛もあります。毛穴一つ一つに細い針を差し込んで、針の先端に電気を流すことで脱毛を行います、毛根を破壊するため確実に脱毛をすることができます。

光やレーザーの力を借りるものではないため、施術できる範囲が狭くなります。毛穴に電気針を差し込みながら行うのでかなり時間がかかりますsニードル脱毛のメリットは再生率が低いので一度でほぼ完全に脱毛することができます。

ただし毛穴に針をさすことや先端に電気を流すことで痛みを伴うことになります。毛穴を少しずつ脱毛していくため手間がかかります。そのため高額になることもあります。一つずつ行うため全体を終わらせるのに1年ぐらいかかることになります、それだけの期間を使って、痛みに耐えながら、高額な施術代支払って行なっていかなければならない方法です。

ニードル脱毛は、一昔前まで主流だった方法です。永久脱毛を行いたい時にはこの方法しかありませんでした。今ではレーザー脱毛の方が選ばれるようになりました。かなりの痛みがあることや手間ばかりかかるため効率が悪いことから今ではあまり行われることがなくなりました。

色素が沈着しているような部位や白髪、産毛などに使うことができるのでレーザーを使用した方法と併せて使う場合もあります。光脱毛は、安価で痛みがほとんどない状態で施術ができることが特徴です。ただし、残念ながら永久脱毛とは言えず定期的な処理が必要となります。

痛みが何しろ少ない方が良いというのであればこの方法がおすすめです。レーザーは高エネルギーによって毛根を焼き切ることができる脱毛方法です。メラニン色素に働きかけ、毛根を破壊することが目的に使われます。照射されるレーザーは高エネルギーだから、ほぼ永久脱毛と同じ状態にすることができます。

毛根を熱エネルギーによって破壊するため、光脱毛よりも痛みを感じます。また、装置が高いため施術にかかる費用も高くなります。レーザー脱毛は医療機関でしか行うことができないのでエステサロンでは受けることができません。

ニードル脱毛は永久的に生えなくすることができますが、手間が価格ことで高額になることや痛みが最も強いことから今ではあまり行われなくなりました。ただし、確実にムダ毛を生えないようにしたいという方にはおすすめかもしれません。

このような方法からどの方法が自分にあっているかを検討して、最適なものを選びます。特にお互いが干渉することはないので、あまりに痛みに耐えあられない場合は途中で方法を変更することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です