女性が行わなければならないお手入れの一つであるムダ毛処理、一見すると、体毛をなくせば良いだけなので簡単そうには感じますが、この脱毛ケアほど難しいものはなく、お肌にダメージを与えずにむらなく綺麗に処理をするのは、素人にはなかなかハードルの高いものなのです。

間違った自己処理を繰り返した挙句、素肌の状態をかえって汚くさせてしまっている人も多く、近距離から見られても恥ずかしくない美肌に仕上げるためには、プロフェッショナルに任せる方が無難です。

美容外科クリニックや美容皮膚科といった医療機関機関で行う医療レーザー脱毛は、医師が施術を行うため、かなり高い出力の出る機器を使用することが認められており、その結果、毛母細胞を完全に破壊させることが出来るため、永久脱毛が可能です。つまり永久脱毛という定義は、医療機関で医師が行う医療行為であり、エステ脱毛では絶対に不可能であるという事実を認識しておきましょう。

永久脱毛を受けることができてこそ、ムダ毛処理からさよならできるのであって、エステサロンの脱毛ケアでは、お手入れがある程度完了したとしても、その状態を維持させておくには、定期的なお手入れは必要なのです。また、毛質、毛量によっては、ほとんど効果が現れなかったという方もおり、誰もが満足できる永久的な高い脱毛効果を叶えられるのは、医療脱毛のほかにはないので、脱毛ケアで失敗したくないと考えているのなら、クリニックを利用することをお勧めします。

VIO脱毛は欧米諸国では昔から一般的でしたが、日本では珍しいものでした。昨今はメディアやインターネットなどの情報の普及で、身近なものとして、捉えられてきました。Vラインはビキニライン、Iラインは女性器周辺のヘアライン、Oラインは肛門付近のヘアラインのことを指し、これらを総称してVIOラインと呼びます。ビキニラインは水着を着る時や、下着からヘアがはみ出る時に、自分でカットする人も多いと思います。

ですが、その他のデリケートゾーンのヘアに関しては、あまり手を加えないという自然派の方が多数ではないでしょうか。Iラインの周辺にヘアが密集していると、生理の時にタンポンが絡んだり、経血がヘアと絡まって、不衛生になることがあります。生理は毎月のものなので、菌もたまりやすいです。

そういった、衛生面のためにも、VIO脱毛はメリットがあります。アンダーヘアが多いと、自分でカットしなくてはいけませんが、ラインと整えたりと、結構難しいものがあり、すぐ生えてくるので、大変です。VIO脱毛をすると、毎月の生理で悩むこともなく、衛生的でいられます。また、水着や可愛い下着を楽しむことができます。

VIOラインはデリケートな部分ですので、色素沈着などの関係から、全体の毛を全てカットできない場合もありますが、ギリギリのラインまで希望があればカットできます。

ビキニラインは形を三角やまるの形など、自分で形を決めることができますし、IラインやOラインは無毛の状態にするのが一番綺麗なカットでしょう。むだ毛に悩まされている女性は多いですが、薄着になる季節になると急にむだ毛の自己処理をおこなう人も多いです。むだ毛の自己処理をカミソリや毛抜きで頻繁におこなうと、肌荒れや色素沈着などの皮膚トラブルをおこす原因になるので気をつけなければいけません。

どうしてもむだ毛の自己処理をしなければいけない時は、しっかり保湿をすることが大事です。それでも皮膚トラブルが気になるという人は、クリニックや美容外科に通い脱毛をプロに任せると安全でより綺麗な肌になれます。

クリニックや美容外科でおこなう医療脱毛は、レーザー脱毛をおこなう所が多いですが、エステサロンなどでおこなう光脱毛に比べると、1回の脱毛効果が高いので、脱毛が完了するのがとても早いのが特徴です。

脱毛効果が高い理由として、医療行為をおこなえる高出力の脱毛器を使えることや、医師や医師の指導の元看護師が施術をおこなうので、とても高い技術の脱毛施術がおこなえることがあげられます。

医療脱毛は美容目的の医療行為なので、保険がきかず費用も高額なイメージがありますが、施術回数も少なくしかも永久脱毛なので、長い目でみると費用もお得といえます。医療脱毛は、高出力の脱毛器を使うので痛みが気になるという人もいますが、最近は最先端の肌に優しい脱毛器を使う所も増えてきたので、痛みもあまり感じずに施術がおこなえます。どうしても痛みが気になるという人は、麻酔を塗ることもできるので心配いりません。

皮膚科脱毛を利用する方法と、自分ですべてのムダ毛を処理していくという方法、一体どちらが良いのでしょうか。まず、費用の面では格段に自己処理の方が安く抑えることができます。

というのも、皮膚科脱毛はより本格的な施術が行われることになるため、一回の脱毛コースに申し込むだけでも数万円、数十万円という費用が掛かってくることになります。その点、自己処理ですべてのムダ毛を処理していく場合、必要になるのはカミソリや毛抜き、その施術の前後の保湿ケアに必要な化粧品を購入する金額だけです。つまり最安のばあいで数百円程度あれば、十分ムダ毛を処理していくことができるということです。ただ、自己処理の場合どうしてもネックになるのが肌への負担です。自分ですべてを処理していくことになるので、どうしてもムダ毛の剃り残しやムラが出てきてしまいますし、さらにはカミソリや毛抜きを使用することで肌に傷を残してしまう可能性もあります。肌質やその人の体質によってはその傷が炎症を起したり、さらにはその処理の頻度によっては症状がさらに悪化してしまうこともあるのです。

つまり、自己処理の場合は費用を安く抑えることができる分、肌トラブルのリスクも格段に高くなってしまうということです。その点、皮膚科脱毛であれば、皮膚科専門医が診療、施術を行うため、より安全で確実な脱毛が可能になってきます。

一度コースを完了させればもうムダ毛処理の必要がなくなるため、より肌のことを考えるのであれば断然皮膚科脱毛の方が優れていると言えるでしょう。身だしなみの一つとして、ムダ毛処理をしなければならないと感じている女性はとても多いですが、他人にごく近くから見られて、躊躇なく見せられるほど完璧な仕上がりを手にできている女性は、と問われれば、自信を持って手を挙げられる方は、それほど多くはないようです。処理むらなく、地肌も美しく整えられている状態は、女性に取っては究極の憧れですが、これほどまでの完璧な仕上がりを出せるのは、美容系のクリニックで行われている、医療レーザー脱毛だけなのです。エステ脱毛と医療脱毛は、全くの別物で、効果の高さには雲泥の差があります。

エステ脱毛は、あくまでもムダ毛が目立ちにくくなるという仕上がりで、一方医療脱毛は、永久脱毛効果があります。

永久脱毛というものは、毛母細胞を完全に破壊させてしまわなければならず、これは法律上、医療機関で医師が行う医療行為です。脱毛ケアは安くて痛くないエステ脱毛という選択は、もちろん間違いではありませんが、その施術で得られる効果は、それほど高くはないということをきちんと認識しておきましょう。また医療脱毛が永久脱毛効果が出るのに対して、エステ脱毛は、ある程度の効果が上がり、体毛が目立ちにくくなっても、その状態を維持するためには、お手入れがひと段落ついた以降も、定期的な施術は欠かせません。そのまま放置していれば、また体毛が生え始めてしまうことも珍しいことではありません。永久にムダ毛処理からさよならしたい場合は、医療レーザー脱毛を受けるしかないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です