近年日本の女性のあいだでも、VIO脱毛は高い関心を集めるようになってきました。

十数年前までは、脱毛といえばワキ脱毛で、デリケートゾーンの脱毛は、それほどポピュラーではなかったものです。

しかし今では、女性のムダ毛のエチケットとしても、VIO脱毛は行われるようになりました。VIOラインといっても、いまいちピンとこないかもしれません。Vラインは正面から見て、サイズの小さな下着から、少しはみ出すくらいの、ビキニラインのことです。Iラインになると、陰部より肛門までのラインです。Oラインというのは、肛門の周辺のことです。VIO脱毛は、このデリケートゾーンのムダ毛処理をしていくことです。Vラインは多くの女性が処理したい場所です。

普段でも可愛い下着や、少しきわどい下着など着用する際にも、ムダ毛がはみ出していたら台無しです。水着の季節もそうですから、Vラインはムダ毛の処理は必須な場所です。IラインやOラインなどは、普段は気にならないとしても、サイズの細めな下着や水着や下着の着用では、やはり気になってきます。ムダ毛の処理はしておきたい場所でもあります。自己処理となると、カミソリなどの処理になるでしょう。VIOラインは、とてもデリケートな場所です。

カミソリなどの自己処理は、肌にも負担がかかりますし、処理も安全面が気になります。そういった悩みも、エステやクリニックでのVIO脱毛であれば、問題なくクリアすることができます。VIO脱毛とはVライン、Iライン、Oラインのムダ毛を脱毛処理することです。

初めてVIO脱毛を行おうと言う時には恥ずかしさもありますし、どのような流れで行われるのかと不安に感じることがあります。VIO脱毛を行う際は同姓スタッフが担当してくれることがほとんどですし、数回施術を受けることで慣れてくるので恥ずかしさも徐々になくなります。流れとしては、クリニックやエステなどによって異なりますが事前予約が必要なところもあります。またほとんどの場合、ムダ毛の事前処理が必要です。

この事前処理とは予約の前日や数日前に処理する部分のムダ毛を自分で剃っておくことです。

Vラインなどは自分でみながらできるのですが、IラインやOラインなど自分ではできそうにないと言う場合には無理はせずに、プロにお任せしましょう。多くの場合カウンセリングの当日には施術は行われません。カウンセリングをしてその後に予約をする形が多いですので、その際に事前処理の説明もあるので、心配は要りません。施術はクリニックなどによっても異なりますがほとんどが恥ずかしくならないように配慮して、下半身をタオルなどで隠して施術を行ってくれます。

処理する部分も狭いので、時間も長くかかることはありません。

VIO脱毛の施術を受けた後の3日間ほどは皮膚が敏感になっているためプールや海、温泉などに入れないことがあります。また生理の時には施術が受けられないことも多いので、計画を立てて予約を入れるようにすることも大切です。

もうムダ毛の処理はしたくない、ツルツルのお肌になりたい、そう思っている女性は多いと思います。キレイなお肌を求めて、脱毛を受ける女性が増えています。

これから脱毛したいと考えている人もいるでしょうが、そんな人におすすめなのが『医療脱毛』です。医療脱毛は脱毛クリニックなどで受けられる脱毛方法で、脱毛効果がとても高いことがおすすめのポイントです。

なぜ医療脱毛の効果が高いかというと、施術で使用するレーザーの出力にあります。医療脱毛は医師による医療行為のひとつとして扱われています。そのため、脱毛サロンでは行えない高い出力での施術が可能となります。

高い出力で毛根を破壊するため、効率的に脱毛を進めることができるといいます。出力が高いと施術時に痛みがあるのでは、と心配する人もいるでしょうが、今は技術が進んでおり痛みを感じにくい機器を使用しているクリニックが多いです。

出力が高い分、脱毛サロンと比べてしまうと刺激は強く感じるかもしれませんが、我慢できないほどの傷みではありません。輪ゴムで弾かれるような刺激だと答える人が多いので、誰でも安心して受けることができます。また、ムダ毛の再生率も低く、一度脱毛が完了してしまえば、再びムダ毛が生えてくることはほとんどないと言われています。

仕上がりもツルツルで、キメの整ったお肌を手に入れることができます。

より効果の高い脱毛を望んでいるなら、迷わず医療脱毛を選ぶことをおすすめします。腕や脚、脇など、むだ毛が目立つ部分は、完全に脱毛して、いつもむだ毛のことを気にしない、きれいな肌にしたいので、脱毛をするなら、皮膚科脱毛がおすすめです。皮膚科で行う脱毛は、医療レーザー脱毛と言って、メラニン色素の黒色に、特殊な周波数の光を当てて、毛を作る働きがある毛根を破壊し、毛が生えてこないようにする脱毛方法です。

一度破壊された毛根は、毛を再生することができなくなるため、永久脱毛をすることができます。

毛には、毛周期と言って、毛が成長して抜けおち、再び生えるまでのサイクルがあるため、
表面に生えている毛は3分の1ほどと言われています。この毛周期に合わせて、毛が生えてくるのを待って、脱毛するので、半年から1年ほどの期間がかかりますが、皮膚科脱毛での脱毛完了後は、むだ毛が生えてくることはありません。

エステサロンや脱毛サロンでの施術は、脱毛の方法は同じですが、弱い光しか使えないため、
毛根を弱らせ、細い毛になることがあったり、毛が生えるのが遅くなったりする効果はありますが、毛根を破壊することはできないので、永久脱毛をすることはできません。

永久脱毛ができるのは、皮膚科など医師がいる病院だけなので、むだ毛の悩みや自己処理のわずらわしさから解放され、つるつるのきれいな素肌になりたい人は、皮膚科脱毛を選ぶことをおすすめします。

また、皮膚科は、肌が専門なので、肌が弱い人やアトピーの人でも、医師に相談しながら安心して施術を受けることができます。

今まで美容施設で脱毛ケアを受ける場合、完全な永久脱毛ではなくムダ毛が目立ちにくい状態に比較的近い状態に仕上げるだけで、永久的にムダ毛が生えてこない状態にはすることが出来ないと言われてきましたが、最近では医療機関で受けることが出来るレーザー脱毛を利用する事によって、面倒なムダ毛の処理から解放されることが出来ると人気になっています。

従来エステサロンや脱毛サロンではフラッシュ脱毛や光脱毛と呼ばれる特殊な光を照射する美容機器を利用してお手入れをしているサロンが大半でした。

この施術はムダ毛に含まれているメラニン色素に反応する光によって、毛周期に合わせてムダ毛が抜けるように促す効果があるので、定期的に施術を繰り返すことによって最終的にはムダ毛が目立ちにくい状態までに仕上げることが出来ます。

ただ完全な永久脱毛にすることが不可能なので、ムダ毛が再生して生えてきてしまう事もあり、定期的にお手入れをする必要があったのです。医療機関では施術に使用するのはフラッシュ脱毛ではなくレーザー脱毛器を採用しています。

これは医療機関でしか利用する事が出来ない利力の高い医療機器で、ムダ毛の元となる毛根をレーザーが破壊することにより、ムダ毛が生えてこない状態に仕上げることが出来るため永久脱毛を行う事が出来るのです。ただエステサロンに比べると施術料金が高額になってしまう場合が多いので、ケアを受ける場合には注意が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です