一人暮らしの浄水器選び

一人暮らしを始める前は実家で浄水器を使用していたのに、一人になってからは直接水道水を使用するようになったという人は多いようです。

一人暮らしでもおいしいお水で生活したいですよね。手軽に始められる商品として、容器にカートリッジがついているタイプのものがあります。これは容器ごと冷蔵庫に入れて使用できるので、飲料水用に向いています。ただ、料理に使う水や洗顔、歯ブラシ用の水など大量に要する場合には難しいでしょう。浄水器は設置タイプによって導入コストが異なります。初期費用をなるべく抑えたいという人は、蛇口の先端に取り付けるタイプのものが良いでしょう。

自分で手軽に設置ができて、コンパクトなのでシンク周りもすっきり使えます。浄水効果はそこそこあり、価格も数千円と手頃なので気軽に取り付けやすいと言えるでしょう。ただし、カートリッジが小さいので容量が少ないので、2~4ヵ月ほどでカートリッジ交換しなければいけません。浄水効果を重視するのであれば、やはり据え置きタイプのものが良いでしょう。

浄水器をシンクの側に置いたり壁掛けしたりして、蛇口先端と浄水器本体をホースでつないで使用するタイプです。浄化装置が大きいのでろ過水量やろ過能力が優れていて、水の質を重視したいという人方にはおすすめです。ただし、一人暮らしには、キッチンの広さも制限されることが多いと思います。そんな小さなキッチンにもおすすめの、小型のものもたくさん販売されています。デザインも考慮されていて、見た目も可愛いデザインで非常にコンパクで価格も比較的安めで、最初の浄水器として購入しやすいものもありますよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *