浄水器を風呂に設置するメリットは?

浄水器を設置する場所として最初に思い浮かべるのはキッチンかもしれませんが、実はお風呂に浄水器を付けることで得られるメリットがあります。

日本の水道水は、高い濃度の塩素を投入して消毒を行っています。塩素は、強い酸化力を持っており、水中のウイルスや微生物を殺菌し、さらにその効果が持続します。これを残留効果と言い、蛇口まで消毒効果を維持することができます。しかし、この残留した塩素が皮膚に大きな影響を及ぼします。実は、塩素が殺菌消毒効果を持っているのは、細菌のたんぱく質を破壊して、殺菌しているからです。ただ、人間の皮膚と髪もたんぱく質からできています。

少しくらいなら大きな影響はでませんが、高い濃度の塩素に長時間晒されてしまうと、皮膚のたんぱく質も破壊されてしまいます。皮膚の保湿機能は、セラミドという成分によって守られていますが、これが不足すると皮膚の水分が蒸発して肌が乾燥状態になります。そのため、肌の保水力と保湿力が低下し、乾燥肌やアトピー性皮膚炎の悪化につながる危険性があります。プールから上がった直後に肌がヌルッとしたり、風呂上がりにかゆみや乾燥状態が悪化してしまうのは、塩素が原因の一つと考えられています。加えて、頭皮や髪の毛も、肌と同様にたんぱく質からできています。

水道水のように、塩素成分が多く含まれているお湯で洗髪すると、頭皮のみならず髪の毛に含まれているたんぱく質まで流し出してしまい、キューティクルにダメージを与えます。髪の毛は、自己再生の能力がないため、一度ダメージを受けてしまうと痛んだままになり、パサついて見えます。髪・頭皮・皮膚などのトラブルを改善するために、シャンプーやリンス、ボディーソープに気を遣うことは重要です。しかし、そのトラブルの原因は、もしかしたらお湯の方にあるかもしれません。お風呂に浄水器を付けることで、この肌トラブルを解決できる可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *