浄水器はお風呂にも付けると安心

敏感肌の人は入浴する時のお湯に気を使うのがおすすめです。

最近は浄水器の中に風呂場の蛇口に取り付けられるものがあるので、それを使ってお湯に含まれる残留塩素を取り除くと良いでしょう。水道水は雑菌を繁殖させないために塩素での消毒が行われていますが、ご家庭に届く時にも水の中に残留塩素が残ってしまうため、肌が弱い人は入浴の時にかゆみを感じたり湿疹が出来てしまうことがあります。しかし、浄水器をお風呂に付けてお湯から残留塩素を除去するようにすれば、お湯がやわらかく感じられてかゆみなどの改善効果が期待出来ます。

その他にも水道水に含まれている残留塩素は髪にも影響があるとされているため、シャワーヘッドに付けられる浄水器も利用すれば一層お風呂に気持ち良く入れるようになるでしょう。塩素は肌や髪を作っているたんぱく質を酸化させる働きを持っています。そのため、今まで水道水をお湯にしたもので髪を洗っていて髪がギシギシする感じがあった人は、浄水器を風呂場のシャワーに取り付けて残留塩素を取り除くと、優しく髪を洗えるようになるはずです。

このように、大人の肌や髪でも残留塩素の影響が出てしまうということは、赤ちゃんやお子さんがいるご家庭では心配になってしまうのではないでしょうか。赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭では、飲み水の他に入浴する時のお湯にも気を使いたいものです。浄水器の中でお風呂に設置出来るものには意外とリーズナブルな商品も見つかるので、是非使ってみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *