定期的な熱交換器メンテナンスが必要です

熱交換器メンテナンスの方法には様々なものがあり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。スケールが蓄積すると故障や性能低下によって工場の生産ラインが止まり、営業活動に影響を及ぼすことがあります。状況に応じて最適な方法を選んで、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。すでにスケールが厚く蓄積してしまっている場合は、強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。

強酸性の洗浄液はスケールの主成分であるカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類を素早く溶かすことができます。多くの企業が熱交換器メンテナンスに即効性がある強酸性の洗浄液を使用しています。強酸性の洗浄液は基本的に劇物なので、危険性が高いというデメリットがあります。しかし洗浄力が非常に優れており、安全対策を講じた上で正しく使用すれば比較的安いコストで素早くスケールを除去できます。

強酸性の洗浄液は触れると怪我をすることがあり、金属を腐食させるというデメリットも存在します。ゴム手袋やマスクなど保護具を着用した上で適切な濃度を守って作業を行い、洗浄後は処理液で中和すれば安全にスケールを取り除けます。熱交換器メンテナンスを安全かつ低コストで行いたいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。この装置はスケールだけでなく赤錆にも効果があり、ランニングコストが安いという特徴があります。

即効性はありませんが効果の継続性が優れていて、危険な薬品を使わないため安全性が高くメンテナンスをしなくても性能を維持できます。設備を止めずに導入できるので、生産ラインへの影響を抑えつつ熱交換器メンテナンスを行いたい場合にも適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*