熱交換器メンテナンスを効果的に行うポイントとは

熱交換器メンテナンスを定期的に行えば、故障や性能低下を防いで効率的に工場を運営できます。メンテナンスを怠ると装置の内部にスケールが蓄積して急に故障や性能低下が起き、生産ラインに影響を及ぼします。高品質な製品を納期通りに納品できなれば取引先からの信頼を失い、売上の低下につながります。営業活動を安定して行うためには、定期的なメンテナンスによってトラブルを回避することが大切です。

予算や工場の状況に応じて適切な方法を選べば、メンテナンスを効果的に行うことができます。資金に余裕がありなるべく熱交換器メンテナンスの手間を省きたい場合は、ろ過器や軟水器を導入して水質を改善するとよいでしょう。スケールは水中に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカなどの無機塩類が析出したものです。ろ過や軟水器は原因物質である無機塩類を取り除くため、導入後はスケールが発生しなくなります。

機器によって金額は異なりますがイニシャルコストは300万円から1500万円ほど、ランニングコストは50万円から100万円ほどとされます。費用を抑えつつ効率的に熱交換器メンテナンスを行いたい場合は、塩酸など強酸性の洗浄液がおすすめです。スケールの主成分である無機塩類は酸性に弱く、強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。強酸性の洗浄液は劇物で危険なだけでなく金属を腐食させるというデメリットがあります。

ゴム手袋など保護具を着用した上で正しい濃度で使用し、洗浄後は処理液で中和しなければなりません。強酸性の洗浄液はすでにスケールが厚く蓄積しており、迅速な熱交換器メンテナンスが必要な場合に最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*