熱交換器メンテナンスの種類と特徴について

熱交換器メンテナンスを定期的に行うと、スケールが溜まって故障したり性能が低下したりするのを防ぐことができます。水中に含まれるカルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって蓄積すると、トラブルの原因になるので注意が必要です。熱交換器メンテナンスの方法には様々な種類があり、それぞれ異なるメリットが存在します。予算や生産活動への影響、安全性などを考慮して最適な方法で熱交換器メンテナンスを行うとよいでしょう。

なるべくコストを抑えて安全にスケールを除去したいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うのがおすすめです。この装置はスケールだけでなく赤錆にも効果があり、危険な薬品を使わないので安全性も優れています。装着が簡単で設備を止める必要がなく生産活動に影響しないため、納期が遅れることもありません。赤錆剥離・除去電磁気装置は即効性がないものの、効果の継続性が優れていてランニングコストが安いというメリットがあります。

コストを抑えつつ素早くスケールを除去したい場合には、塩酸など強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。スケールの原因物質である無機塩類は酸性に弱いため、強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。ただし塩酸など強酸性の洗浄液は劇物であり人体や環境、装置への影響が大きいというデメリットがあります。また設備を止めて作業を行うため生産活動に影響があるので注意が必要です。

酸性の薬剤を注入する方法ならば多少リスクが低くなり、設備を止める必要もありません。熱交換器メンテナンスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*