プレート式熱交換器メンテナンスの依頼なら

プレート式熱交換器は可動部がないことに加え、構成部品も少ないので、他の熱交換器に比べれば故障やトラブルが少ないのが、大きなメリットです。また、ヘリンボンパターンなどの波形状を取り入れたを、乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みによって、高い熱交換率を実現できる点も、見逃せません。その理由は流体の温度が均一化し、熱交換の妨げになる膜の生成も抑制できるからです。しかし長年にわたりハードに稼働し続けていると、何らかの不具合が生じやすくなります。

特にプレート式熱交換器メンテナンスや定期検査を怠れば、プレートガスケットの劣化やスケールの付着、あるいは貫通割れといった、様々な異常が目立つようになります。そのままにしていると、現場で必要な熱量を確保できずに、生産効率が低下することにつながります。さらにプレート内の液体が混合したり、漏れ出すことによって、生産ラインが停止に追い込まれることもあり得ます。このようなリスクを招かないためにも、日頃から定期的な検査に努め、突発的な異常が発生しても速やかにプレート式熱交換器メンテナンスができるように、何らかの体制づくりが求められます。

その点、こちらの産業機械製造販売業の会社に依頼すれば安心。ここは国内初のプレート式熱交換器を開発した、知る人ぞ知るパイオニア的な会社です。プレート式熱交換器メンテナンスにおいても、設計段階から製品を熟知した熟練のエンジニアが担当し、迅速で的確なメンテナンスを実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*