熱交換器メンテナンスを行う様々な方法とメリット

熱交換器メンテナンスを行う方法には様々なものがありますが、溜まったスケールを素早く落としたいのならば塩酸など強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。強酸性の洗浄液は即効性があり、硬くて水に溶けにくいスケールを素早く溶かすことができます。スケールの主成分であるカルシウムやマグネシウム、シリカなどには酸性に弱いという特徴があります。強酸性の洗浄液は劇物なので慎重に扱う必要がありますが、時間やコストをあまりかけずにスケールを除去したい場合に最適です。

資金に余裕があり定期的な熱交換器メンテナンスを行う手間を省きたい場合には、ろ過器や軟水器を導入するとよいでしょう。ろ過器や軟水器は、スケールの原因成分であるカルシウムなどの無機塩類を除去してくれます。水質が浄化されるだけでなくスケールが発生しなくなるので手間を省くことができます。装置によって具体的な金額は異なりますが導入時には300万円から500万円、維持には年間50万円から100万円が必要です。

コストをかけず長期的なスケール対策を講じたいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。この装置は危険な薬品を使用しないため安全で効果の継続性が優れています。ランニングコストが安くてメンテナンスをしなくても性能を維持でき、赤錆にも効果があります。赤錆剥離・除去電磁気装置は導入時に250万円ほどかかりますが、ランニングコストが安いため長期的に考えると経済的です。

設備を止めずに装着できるので生産ラインへの影響を抑えたい場合にも適しています。熱交換器メンテナンスには様々な方法があるので、効率的にスケールを除去するには自社の状況に合ったものを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*