プレート式熱交換器メンテナンスはどこへ依頼すべきか

プレート式熱交換器といえば乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みで、優れた熱交換率を実現することで知られます。これは伝熱プレート間の流体を意図的に乱すことによって、熱交換を妨げる膜の生成を抑制しながら、温度が均一化された流体を安定して供給できるだめです。同時に乱流促進構造が自己洗浄機能も果たすため、スケールが蓄積しにくく、他の熱交換器と比べて故障の発生が少ないというメリットも見逃せないでしょう。このような魅力的な機能やメリットを持つプレート式熱交換器を国内で最初に開発したのが、大阪に拠点を構えるこの会社です。

プレート式熱熱交換器のパイオニアで知られ、これまでもプレート式だけでなく、超小型からスーパージャンボまで、多種多様な熱交換器を製造および販売しています。もちろん熱交換器メンテナンスの手厚いサービスも提供。例えばプレート式熱交換器メンテナンスのパックコースなら、設計段階から製品に熟知したエンジニアによって、引受から引き渡しまで迅速かつ安全そして丁寧な仕上がりで、熱交換器メンテナンスを実施します。プレート式熱交換器は優れた機能やメリットを持ちますが、長年にわたり稼働し続けていれば、やはり経年劣化は避けられません。

そのまま放置しておくと、プレートガスケットの劣化や貫通割れなど、深刻なトラブルが発生しやすくなります。プレート式熱交換器のパイオニアであるこの会社に点検やメンテナンスを依頼しておけば、それだけでもリスク軽減が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*