熱交換器メンテナンスをしっかり行う必要があります

適切な方法で熱交換器メンテナンスをしっかり行えば、故障や性能低下を防いで工場の運営を安定させることができます。熱交換器のように流体として水を通す装置は、カルシウムやシリカなどの無機塩類がスケールとなって内壁に付着します。厚く堆積して故障や性能低下を引き起こす前に、メンテナンスを行って取り除くことが大切です。急に工場の生産ラインが停止すると、納期に製品を出荷できず会社の信頼を失ってしまいます。

工場の運営を安定させ、円滑に営業活動を行うためにも定期的なメンテナンスを行う必要があります。熱交換器メンテナンスを行う方法には様々なものがありますが、資金に余裕がある場合にはろ過器や軟水器を導入するとよいでしょう。ろ過器や軟水器は水質を改善するだけでなく、スケールの原因である無機塩類を除去してくれます。カルシウムやシリカなどを取り除いてしまえば、スケールの発生自体を止めることができます。

これらの装置を導入して維持するには費用がかかりますが、急な故障や性能低下に悩まされることがなくなります。定期的なメンテナンスを行う手間を省きたい場合にも、ろ過器や軟水器を導入するのがおすすめです。厚く堆積したスケールを素早く取り除くため、強酸性の洗浄液は熱交換器メンテナンスの方法として多くの企業に採用されています。強酸性の洗浄液は人体や環境への影響が大きく、金属を腐食させるという特徴があります。

しかし安全対策をしっかり講じて適切な濃度で使用し、最後に処理液で中和すれば問題ありません。なるべく費用を抑えつつ、堆積したスケールを素早く取り除きたい場合には強酸性の洗浄液を使うとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*