熱交換器メンテナンスは自社で済ませられる機種は便利

工場で採用されることが多い熱交換器ですが、排気熱を利用して温度を上げるという工夫により、全国各地で省エネにも役立つ機器として利用されています。熱効率に優れた給湯器が販売されているように、同じように少しの熱やエネルギーを無駄にせずに再利用するという発想で開発されたことは画期的なことです。ただし定期的に熱交換器メンテナンスを行わないと、本来の性能を発揮させることができないので、一定期間毎にメンテナンスを行うことは欠かせません。製造販売をしている会社では、熱交換器メンテナンスの方法を提供しており、会社側が施工をする方法だけではなく、専用の洗剤や薬剤を購入することで自社内だけでメンテナンスができるメーカーも実在しています。

熱交換器メンテナンスは、主にプレートに付着するスケールを除去することがメインになりますが、内部構造を循環させる際には全てを分解することができないので、専用の薬剤を投入することで内部の細かい配管まで洗浄することも可能としています。プレートに関しては洗浄剤を用いれば誰でも簡単にスケールを除去することができるので、定期的に洗浄作業を行っておけば問題はありません。機材導入から長い年数が経過している場合では、購入先のメーカーに依頼をして熱交換器メンテナンスを行ってもらう方法も効果的です。古くなると本来の性能をフルに発揮することができないので、洗浄作業だけではなくガスケットの交換や、プレートの交換を行うことで長期使用を可能にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*