プレート式熱交換器メンテナンスならパイオニア会社で

プレート式熱交換器の大きな特徴といえば、伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に加工した、乱流促進構造にあります。この仕組みによって、プレート間の流体を意図的に乱すことで温度を均一化し、熱交換の妨げになる膜の生成も抑制できるので、プレート全体に満遍なく熱が行き渡って安定した熱供給が可能になります。同時に流体の乱れが自己洗浄機能を果たすため、スケールが付着し難いというメリットも見逃せません。とはいえ、長期にわたり稼働し続けていれば、やはり経年劣化は避けられません。

特に日頃から定期検査やメンテナンスがいい加減だと、スケールの付着から始まりプレートガスケットの劣化や貫通割れへと、異常の連鎖が生まれることになります。もし異常の発見が遅れると、損壊や腐食した箇所から液体が漏れ出したり、生産ラインに必要な熱量を供給できないなど、深刻なトラブルへとつながりかねません。そこでリスク回避のためには、普段から定期的な点検を堅実に行い、速やかにプレート式熱交換器メンテナンスできる体制づくりが求められます。そして最も理想なのは、専門メーカーと提携して、プレート式熱交換器メンテナンスを依頼することです。

その点、大阪に所在するこの産業機械製造販売業の会社は、プレート式熱交換器を国内で最初に開発したパイオニア的な存在。熱交換器メンテナンスでも信頼性や実績は抜群です。例えばこの会社の提供するメンテナンスパックであれば、設計段階から製品を熟知した担当エンジニアによって、迅速で確実なメンテナンスを実現します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*