スキー場の近くに住む人のスキーバスの意外な利用法

スキーバスというと都心に住む人達がスキーに行くために使用するものであると考えてしまいがちです。実際的な面をみても、ほとんどの利用者はそういった形で利用しており、サービスを提供する側もその便宜を図っています。都心の主要な駅から朝や夜に出発するプランとして、スキーに必要な大荷物を収容できるようにし、ゲレンデにまずは直行するという方法をとっているからです。しかし、逆の発想を持つことによって利用していくこともできるということは注目に値するべきことでしょう。

スキー場がある地域に住んでいる人にとっては都心に出るのに便利なサービスともなるからです。夕方に出発して夜に都心部に着くということになるのはデメリットであるものの、高速バスなどが通常は運行していない区間でも利用できることが多く、スキーヤーが通常は帰りとして使用する便はスキー場の周辺を一通り回ってから出発することが多いため乗りやすいというメリットがあります。また、片道で購入することもできるため、必ずしも都心部出発のバスに乗らなくても構いません。高速バスよりも安価であることもしばしばあり、荷物も大量に載せられることから大荷物での長期間の旅行といった場合にもスキーバスを有効活用することができるのです。

スキー場が近くにある人にとってはあまり興味がないものとされてしまいがちなスキーバスですが、こういった意外な利用方法があると知っておくと役に立つ時もあるでしょう。スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です